純正部品について

ID #1014

代替品番って何ですか?

代替部品の部品番号です。
各メーカーでは性能向上のための仕様(材質)変更、在庫効率化(他車種用と共通化、構成部品変更等)や外注先の変更など様々な理由により、メーカーが発売当初に使用していた部品と違う部品を代替部品として使用する場合があります。このような部品には管理上本来の部品と違う部品番号(代替品番)が付けられます。しかしながら、代替部品はメーカーでは本来の部品と同じ物とみなしている為、旧部品番号で注文いただいた商品が違う新しい部品番号に自動的に変更される場合があります。
代表部品:ブレーキパッド、オイルシール、ベアリング、ガスケット、リコール対策部品、アッセンブリ(組立済み)部品
同じように一部で少々の加工が必要なものはホンダでは「バルク対応部品」と呼びます。例えばゴムホースなどで車両発売直後は必要量に応じてカットされた物が本来の部品として固有の部品番号を与えられていますが、しばらく経つとメーター単位で販売され(バルク部品)使用者は車両に応じてカットする必要があります。
代表部品:ゴムホース類

関連エントリー: